春の花桃、夏の古代ハス 季節の花々が彩り添える自然と歴史豊かな公園

公園逍遥吟句選集

公園逍遥吟句選集

令和3年公園逍遥吟句

「公園逍遥吟句」は、総合公園管理棟にある、投句箱に投稿された、公園の四季や表情を読んだ俳句を、毎年、俳句の識者の方々に選句していただいたものです。

応募期間 令和3年5月1日~令和4年2月28日
開  函 令和4年3月1日
選考協力 加須市騎西俳句連盟
応募総数 281句
選考結果 特選3句 入選4句 佳作11

特選

やんはりと叛旗を返すいわし雲 大塚昭夫 栃木県小山市
もう風にそよぐことなく破蓮 梅田ひろし 埼玉県久喜市
枯れ切つて考ふる木と眠る木と 梅田ひろし 埼玉県久喜市

入選

猫じゃらしいたづら心まだ抜けず 山崎マサ子 茨城県古河市
風船の逃げたる空の深さかな 山崎マサ子 茨城県古河市
老いてゆく静けさにゐて秋すだれ 山崎マサ子 茨城県古河市
小流れの気負へる音や曼殊沙華 梅田ひろし 埼玉県久喜市

佳作

やっかいな身の上となる蓮の骨 大塚昭夫 栃木県小山市
帰らざる時を刻みて鉦叩 山崎マサ子 茨城県古河市
万緑のまつ只中に立ち尽くす 梅田ひろし 埼玉県久喜市
青葉光すこし斜めに釣師かな 梅田ひろし 埼玉県久喜市
蓮の葉の蓮の葉らしくなりて来し 梅田ひろし 埼玉県久喜市
大方は黙想中か夏木立 梅田ひろし 埼玉県久喜市
存分に冬の日を浴び臥牛像 梅田ひろし 埼玉県久喜市
冬鳥の苛立つ声を挙げゐたり 梅田ひろし 埼玉県久喜市
秋輿や亀があちこち頭を上げて 梅田ひろし 埼玉県久喜市
薄紅の仄かに十月桜かな 梅田ひろし 埼玉県久喜市
雲ひとつなき空となり梅真白 梅田ひろし 埼玉県久喜市

 

令和4年桃まつり俳句大会

応募期間 令和4年3月1日~令和4年4月30日
開  函 令和4年5月1日
選考協力 加須市騎西俳句連盟
応募総数 113句
選考結果 特選1句 入選3句 佳作7

特選

白もまた燃ゆる色なり白木蓮 大澤良州 埼玉県鴻巣市

入選

早や五月木洩れ日力ありにけり 梅田ひろし 埼玉県久喜市
花桃や恋のはじめの二人かも 梅田ひろし 埼玉県久喜市
生き甲斐の十七文字や桃日和 阿久津勝利 栃木県宇都宮市

佳作

濃山吹天へほほえみ返すごと 梅田ひろし 埼玉県久喜市
糸桜天女の衣のごとくゆれ 梅田ひろし 埼玉県久喜市
半熟のタマゴ大好き山笑ふ 宮本チエ 埼玉県久喜市
雉鳴くや父の忌日の日暮まで 阿久津勝利 栃木県宇都宮市
物言わぬ人となりけり蓮の骨 大塚昭夫 栃木県小山市
しばらくは石に腰掛け春惜しむ 池田宏治 東京都武蔵野市
大ぶりの友のぼた餅桃の花 池田章子 東京都武蔵野市

お問い合わせはこちらまで TEL 0280-47-1129 受付時間 8:30 - 17:00[年末年始を除く]

PAGETOP