春の花桃、夏の古代ハス 季節の花々が彩り添える自然と歴史豊かな公園

こうえん展示室

  • HOME »
  • こうえん展示室

こうえん展示室 みんなの表現ページ

 

公園逍遥吟句選集

令和2年度公園逍遥吟句

応募期間  令和2年5月1日~令和3年2月28日
開  函  令和3年3月1日
選考協力  加須市騎西俳句連盟
応募総数  318句
選考結果  特選3句 入選5句 佳作7句

「公園逍遥吟句」は、総合公園管理棟にある、投句箱に投稿された、公園の四季や表情を読んだ俳句を、毎年、俳句の識者の方々に選句していただいたものです。

特選

片恋のままがしあはせ月見草 山崎マサ子 茨城県古河市
破蓮の声にはならぬ声を挙げ 梅田ひろし 埼玉県久喜市
羽ばたきてどこへも行かず沼の鴨 梅田ひろし 埼玉県久喜市

入選

葉桜の中へと風の探しもの 山崎マサ子 茨城県古河市
青空のままの夕暮れ桃の花 山崎マサ子 茨城県古河市
対岸へ大きく振れる夏帽子 梅田ひろし 埼玉県久喜市
いきいきと飛ぶものあまた終戦日 梅田ひろし 埼玉県久喜市
魚釣りのたつた一人の秋澄めり 梅田ひろし 埼玉県久喜市

佳作

蓮の葉は水滴達の滑り台 青木富夫 埼玉県越谷市
人を恋ふ高さに舞うて秋の蝶 山崎マサ子 茨城県古河市
百年の厚き藁屋根秋高し 梅田ひろし 埼玉県久喜市
裸木の叩かばおうと応へんか 梅田ひろし 埼玉県久喜市
捕虫網帰りは父に持たせけり 梅田ひろし 埼玉県久喜市
桃の花空の奥にも空ありて 梅田ひろし 埼玉県久喜市
待春の木々よりの声風のこゑ 梅田ひろし 埼玉県久喜市

 

令和3年桃まつり俳句大会

応募期間 令和3年3月1日~令和3年4月30日
開  函 令和3年5月1日
選考協力 加須市騎西俳句連盟
応募総数 122句
選考結果 特選2句 入選3句 佳作5句

特選

風といふやはらかきもの桃の花 山崎マサ子 茨城県古河市
おむすびの芯の冷たく桃の花 梅田ひろし 埼玉県久喜市

入選

魚ひとつはねてそれきり春の昼 山崎マサ子 茨城県古河市
閉ざされしままの雨戸や藤の花 宮本チエ 埼玉県久喜市
吉報を待つ春泥のユニフォーム 大塚 昭夫 栃木県小山市

佳作

しゃぼん玉パチンと消えて何もなし 梅田ひろし 埼玉県久喜市
雉子鳴いて午後の静寂破りけり 梅田ひろし 埼玉県久喜市
春愁かどこ見るでなく孔雀座す 梅田ひろし 埼玉県久喜市
涙もろき齢になりぬ八重桜 梅田ひろし 埼玉県久喜市
花万朶やつと歩ける子が歩き 梅田ひろし 埼玉県久喜市

お問い合わせはこちらまで TEL 0280-47-1129 受付時間 8:30 - 17:00

LINK

PAGETOP